サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】転職の迷いと不安: 転職に向かない人の失敗を避けるには

転職の迷いと不安
転職に悩む人
転職に悩む人
「今の仕事をやめると、収入が維持できるか不安….

今までやってきた仕事の経験がいかせるかわからない….

人間関係が今の会社より良くなるかは実際、就職してみないと不明…」

 

このような悩みについて答えていきます。

 

実際、転職には向いていない人というのもいますので、転職しないほうがいい場合もあります。

 

この記事を読むことでどのような人が転職に向いていないか、転職に向けてどのような行動をとればいいかがわかり、実践することができます。

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

転職に向かない人の特徴

結論から言いますと、転職に向いていない人とは転職の目的がはっきりしていない人のことになります。

 

以下のような3つが転職に向いていない人の特徴になります。

 

•目的のために行動していない

•今の環境から逃げ出すことに精いっぱい

•新卒と中途採用の違いを理解していない

 

具体的には転職の目的がはっきりしていないため、転職のための行動ができていない状態となっています。

 

それでは個別にみていきましょう。

 

目的のために行動していない

ただ、なんとなく今の仕事がイヤで別の仕事であれば楽しくできると期待していたり、今の仕事の環境が同じ業種の中でどれくらいの位置づけにあるのかなど条件をよくするために、自分で調べたりしていません。

 

給料が安いといっても同業他社でも同じ給料水準であれば、業界内での転職は意味がなく、どの仕事が自分の将来に役立つことなのかという認識はできません。

 

実際、情報が集まるのは、行動しているときであって、具体的な行動していなければ、自分の望む情報は得られないものです。

 

今の環境から逃げ出すことに精いっぱい

労働時間が長く、仕事がきついということを避けたいという場合、単純に今の労働環境から抜け出すこと自体が目的であり、それ以外のことを全く想像していないケースがあります。

 

現在の仕事が過酷で、理不尽で逃げ出したいという違和感を感じることは大切です。

 

ただ、その逃げ出した先のどこに向かっていくのかが定まっていないと、逃げてその結果、路頭に迷うということにもなりかねません。

 

どこに向かって、今の環境を離れるかという方向性ははっきりさせておきましょう。

 

新卒と中途採用の違いを理解していない

新卒の時の就職では、本人の仕事の能力というのが見えないので、すべての新卒がふだんの行動と面接での対応から仕事ができる可能性があるというポテンシャルで採用されています。

 

それに対し、中途の採用では、仕事での経験を積んだことが前提で、その実績に基づいて結果が判断されます。

 

中途で、今までやってきた実績が0として判断されるのであれば、ポテンシャルのある新卒をとったほうが合理的です。

 

少なくとも面接のときに自分の仕事の経験を、別の現場でも生かせるという話ができるように準備をしておきましょう。

 

転職に向けての行動に必要な目的の明確化

今の仕事から離れて、別の仕事をするということに向けての目的を明確にすることで、より自分が望むものに近づくことができます。

 

以下の4つが転職する目的の主なものです。

 

•収入アップしたい
•人間関係のストレスを解消したい
•今よりスキルをつけたい
•成長している会社で働きたい

 

それぞれ個別にみていきます。

 

収入アップしたい

この場合の転職の目的は収入を上げるということです。

 

今の会社の給料が低いことについては、低いそれなりの理由があります。

 

まずは、低い理由が業種によるものであれば、業種での平均はどのような水準か、そしてその中の会社の給料の位置づけかということは情報を集めておきましょう。

 

人間関係のストレスを解消したい

人間関係の問題は自分と上司の関係、自分と同僚の関係などありますが、その関係となっている半分の理由は自分であるということも理解しておきましょう。

 

もし、自分に少しでも原因があれば、会社が変わっても同じことが起こる可能性があります。

 

今よりスキルをつけたい

スキルを身につけるというのは給料ともかかわってきます。

 

その身につけたいスキルとは、今の仕事とどのような関係があるのか、どのくらいの時間で身につけたいのか、期間もある程度決めましょう。

 

成長している会社で働きたい

確かに会社の業績が良くない場合、会社の空気もよどんできて、社内の活気もなくなってきます。

 

今の自分の経験で活かせる会社があるのか、もしくは全く経験のない分野で働くのかということも具体的に行動していくとはっきりしてきます。

 

ただ、受け入れる会社がこれまでの仕事の実績を活用できると判断できる材料を提供する必要があります。

 

今の環境で今の自分でできることをやりきる

何か新しいことを始めようとするときには、今やっていることを整理してやめていくという覚悟が必要です。

 

新しい荷物を背負うために、今持っている不要な荷物を下ろすほうが先です。

 

古い、いらない荷物を下ろせば、新しい荷物を担ぐ余地を確保できます。

 

以下のそれぞれの点について、何をやめるかということをはっきり決めて行動を始めましょう。

 

毎月の安定した給料

会社から支給される給料は契約上決まった金額であり、基本的に下がることはありません。

 

ただ、会社の中で給料を上げてもらうというのは、仕組み上難しいです。

 

また、業種全般で低い給料水準という場合は、会社を変えても給料は変わらないということもあり得ます。

 

その場合、今やっている業種とは違った仕事に移る必要があり、未経験であれば、最初は低い給料で様子を見る必要があるというケースもあります。

 

その場合、同じ給料レベルで未経験の仕事でもやっていくつもりがあるか判断することが必要です。

 

仕事での人間関係

ストレスとなっている仕事の人間関係であっても、人事のローテーションによっては1年くらいで自分や対象の相手が異動する可能性があります。

 

短期間であれば、耐えられるということであれば、転職する必要はありません。

 

今の会社の人間関係の問題は、別の会社に移った時に起こらないかというと、実際就職してみないとわかりません。

 

人間関係の問題の半分は自分の側に責任があると考えて、慎重に行動しましょう。

 

これまでの仕事で身につけたスキル

今の仕事で経験したことを同じ業種で活かすか、それとも全く別の仕事で活かすかという2つの可能性があります。

 

面接のときに、自分のスキルが新しい仕事で役立てることができるという体験を説明できるように準備しておきましょう。

 

結局、企業が判断するのは、今までの経験したことが新しい仕事で使えるかということなので。

 

20代の転職ならこちらが便利です。

20代の転職ならマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

未経験の仕事にチャレンジしたいということについて以下の記事で紹介しています。

【サラリーマンの悩み】今の会社/仕事の将来が不安で未経験の仕事にチャレンジしたい今の会社や仕事の将来を不安に感じて未経験の仕事をしたいという悩みを持つサラリーマンは多いですが、自分の年齢、転職回数、資格の有無、学歴などの面で採用の対象になるかということが心配で踏み切れない方も多いです。そのような悩みを持つサラリーマンが具体的にどのようにして未経験の仕事に応募していくかの具体的な方法を解説します。...

 

まとめ:【サラリーマンの悩み】転職の迷いと不安:転職に向かない人の失敗を避けるには

転職に向いていない人というのは転職の目的が決まっていないため、ただ何となく転職したいとだけ考えている人です。

 

今の仕事から逃げ出したいというだけでは、仕事の選択でも迷いが生じますので、どこに進むかという方向性は決めておきましょう。

 

中途採用の場合は、すぐに現場で活かせるということが前提となりますので、今の仕事の経験が別の現場でも生かせるということを説明できるように準備しておきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。