サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】仕事の人間関係でモヤモヤして集中できない

人間関係でモヤモヤ
人間関係で悩む人
人間関係で悩む人
会社の上司や同僚の行動で不快な思いがするが、なかなか自分のいいたいことがいえない….

ちょっとした発言でも気になって、ずっとモヤモヤしてしまう….

自分が強く発言すると、仲間外れになることが怖い….

 

職場でのこのような悩みにこたえていきます。

 

この記事を読むことで以下のことが理解でき、自分にとって良い行動を選択することができるようになります。

•仕事の人間関係が特別な理由
•会社組織が期待する業務の機能とは
•会社の対応を確認して、自分の選択をする

 

では見ていきましょう。

 

仕事の人間関係はプライベートと違う

まずは仕事上の人間関係は日常生活と違い、独特な特徴があると理解する必要があります。

 

仕事での人間関係は、プライベートとは関係を持つ目的が異なっています。

 

仕事では複数の個人がグループとして機能して、最終的なサービスまたは商品を生み出すために必要な個別の人を相互につなぐために必要です。

 

それは一回限りの関係ではなく、その業務が続く限り継続していくことが期待されます。

 

例えば、クリーニング業を運営している時、自社内にある自動洗濯機が壊れている場合であっても、別の業者などに依頼して、預かったランドリーを約束の日までに終わらせておく必要があります。

 

その場合、その業者に特別料金を支払って、作業依頼してクリーニングを終わらせるということも時には必要となります。

 

個別の人が何を生み出すかということよりもグループ全体として生み出せる価値が重要となります。

 

それに対し、プライベートの人間関係とは親戚付き合いは例外として、友人関係であれば、継続そのものを目的として成立しているわけではありません。

 

自分とその友人が楽しく過ごせる時間があればいいというだけで、ずっと続けていくというしばりはありません。

 

個人の都合が悪ければ、いつでも断ることができます。

 

仕事上の人間関係の本質を理解する

仕事上の人間関係の本質はグループ全体が機能するように継続することとなります。

 

例えば、いつも電話の受付をしているAさんが休みの時には、別のBさんがその受付をすることで会社としての業務が動いているということになります。

 

個人として一時的にできないことがあってもグループまたはチームでカバーができればいいことになります。

 

問題となるのは、グループまたはチームとしての機能しなくなっている、あるいは、その連携のコミュニケーション効率が悪くなっている場合です。

 

チーム全体としてのベネフィット追求

会社が価値を提供が可能になるのは、価値を提供する単位であるチーム/グループが全体として機能している場合です。

 

グループの誰か1人に依存して、そのグループが機能しなくなったり、あるいはグループにある1人の人が全体に悪影響を与えているのであれば、それをすばやく認識する必要があります。

 

特に特定の1人の人が全体に悪影響を与えている状況というのは、慎重にモニターしないと管理者が認識できないので注意が必要です。

 

モヤモヤする原因の限界値を知る

特定の会社の部署でだれかグループの人を不快にさせる人がいる場合、それを感じる人は1人ではなく、複数であることが多いです。

 

以下は個人的体験談です。

 

上司からかなり厳しい月の目標達成の数値が私を含めてチームメンバー5人に対して振られたことがあった。

その指示する上司としては、高めの目標値であれば、実現できなくても結果的にいい成績が残せるというつもりのようだった。

その上司は、自分でやった場合でもその数値を達成できないことは周りから見て明らかだった。

そして部下には、目標ができていないということを責めるだけで、具体的にどのように達成していけばいいかの部下のサポートが全くなかった。

ただ、笛を吹けば、周りがおどるということを期待しているようだが、その上司自身が踊れていないことが明らかなのに、誰もついていこうという人間は結局いなかった。

部署として機能させることができないその上司は人望もない人物だったが、部下に対する言動は常に強気で自分が正しいとしか考えていなかった。

 

このようにグループにモヤモヤをもたらして、自分だけが影響を受けているのではなく、それが複数の人が影響があることを早めに確認できれば、対応がはやくできます。

 

できないことはきっぱり捨てて悩まない

仕事を与えられたときに、初めて取り組む場合、うまくいかないことはよくあることです。

 

職場の雰囲気によっては周りの人に聞きづらかったりだれに聞けばいいかわからなかったりします。

 

まずは1カ月間やってみて、実際に自分に向いていることなのかは確認する期間は必要です。

 

その1カ月でうまくできない、向いていないと感じだのであれば、2つの方法で楽になります。

 

一つは、それを得意な人を観察して、自分がやってきたことを具体的に伝えたうえで質問して教えてもらうことです。

 

二つ目は、上司または、その得意な人にやってもらう代わりに自分のできることを提案してみることです。

 

実際、自分が緊張してうまくできないことから解放されると、かなり気持ちよく仕事ができるようになります。

 

上部組織または総務へ相談

自分が抱えているモヤモヤについて、今の直接の上司より上の上司かまたは総務に状況を説明してみることも時には必要です。

 

その際伝えるべきことは以下の3つです。

 

•モヤモヤとする原因の人物はどのような人物かがわかる簡潔な資料
•実際そのことの影響を受けているのは、自分1人かそれとも複数か
•部署またはグループが正常に機能していないことがわかる数値データまたは実績

 

最後のデータは難しく聞こえますが、問題の人物の行動で過去にうつ病でになった人やそのことが理由で退職していった人のことであれば大丈夫です。

 

もやもやする問題への会社の対応姿勢を確認

特定の部署が機能していないということについては、会社はすぐに対応すべき業務の重要な問題です。

 

ただ、会社によっては、その問題の人物の行動を変えるための施策を実施したくないという経営者も存在するのも事実です。

 

会社の機能が回っていないということに対して修正しようとしない会社であれば、そこで働く人たちは気持ちよく働ける環境で期待できないとはっきりします。

 

その場合は、その会社とかかわることをやめるべき時です。

 

別の会社への転職の可能性

今の会社とかかわることをやめる場合、まずすべきことは自分の現在価値を知ることです。

 

今と同じ業界または別の業界に行ったときに自分にどのくらいの価値があるのかを客観的に知ることで、自分のスキルレベルに納得した仕事を探すきっかけとなります。

ただ、未経験の仕事の場合、インターネットの人材サイトなどでは評価が難しいので、人材エージェントに相談してみるのが費用もかからないのでオススメです。

 

未経験の仕事についての人材エージェントについては以下の記事が参考になります。

【サラリーマンの悩み】今の会社/仕事の将来が不安で未経験の仕事にチャレンジしたい今の会社や仕事の将来を不安に感じて未経験の仕事をしたいという悩みを持つサラリーマンは多いですが、自分の年齢、転職回数、資格の有無、学歴などの面で採用の対象になるかということが心配で踏み切れない方も多いです。そのような悩みを持つサラリーマンが具体的にどのようにして未経験の仕事に応募していくかの具体的な方法を解説します。...

まとめ: 【サラリーマンの悩み】仕事の人間関係でモヤモヤして集中できない

仕事の人間関係は業務を継続していくことを前提とするので、プライベートな関係のように簡単に断ることは難しいです。

 

会社としては、業務が全体として機能しているということが最重要課題であり、業務が機能していない、または効率が落ちているならすぐに対応する必要があります。

 

会社の経営者が業務が機能していないことへの対応姿勢を観察することで、その会社の将来性が簡単に判断できます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。