サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】仕事実績が評価されない会社員生活に嫌気

会社評価方法に不満
評価されず悩む人
評価されず悩む人
休日出勤して取り組んだ仕事について、上司からは高く評価されない….

特定の人がいい評価をもらっているが、特に実績はあげていない….

評価する上司が信頼できない….」

 

このような悩みに答えていきます。

 

この記事で以下のことが理解でき、自分の未来のための行動を始めることができるようになります。

•会社の評価について悩みの具体例
•特定の人が特別に優遇される仕組み
サラリーマンの選択肢の幅はせまい
•将来の自分のための行動

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

サラリーマンとして評価されない悩み

以下はYahoo知恵袋、教えてGooにある仕事実績が評価されない悩みの抜粋です。

 

常に仕事評価が気になる会社員生活に嫌気

サラリーマンである以上常に上司の評価を気にして生きなければならない人生に嫌気が差します。

自分の行動ひとつひとつが常に評価されそれが給料に結びつく、それがサラリーマンだと思いますが、世の中の人たちは何故それで正気を保てるのでしょうか?

自分の行動ひとつが生きていく為に必要な金に結びつくと考えたら常に緊張状態で非常にストレスです。

 

評価の挽回の可能性

サラリーマンって、社内で1度落ちた評価って上がることありますか?

例えば、入社して間もない時に数分遅刻したら、今後その人は何年も「あいつまた遅刻する」みたいな感じです。

 

サラリーマンの持つ情報価値の評価

サラリーマンとして、例えば音楽の分野で、素晴らしい音感があったり、言い音楽を聞きわける耳、良い曲を作れたりする能力よりも、今話題の音楽を歌っているアーティストの名前を知っている方(例えば、AKBの歌は知らないのにメンバーの名前を知っている)が、偉いとされる傾向があると思いますが、なんでだと思いますか?

 

自己評価が低く、会社に居場所がない

サラリーマンが、自分を過小評価して自分が一番この部署で役にたっていないからリストラにあうのではと不安がるのは余計な不安なのでしょうか?

みんな不安なのでしょうか?

資格をとってもこの不安はなくならないのですか?

 

仕事評価による人事異動に不安

サラリーマンなら誰でもは人事異動、降格、配置転換、リストラなどの不安に追われながら生きていくのは仕方ないことですか?

評価も結局は好き嫌いできまるんであって絶対的ではないです。代わりはいくらでもいるし、だから資格をとって自分の評価を高めようとしても資格をとりつづけないと不安になります。

 

ダラダラ残業して得るお金と評価

サラリーマンでわざとダラダラ残業して残業代稼いでる人が多いのを知ってるので、ラーメン屋のバイトでわざと仕事終わるの遅くして残業代稼ごうと思ったら2週間を過ぎたところで「どうして仕事そんなにできないの?辞めたら?」と言われました。

サラリーマンも残業代稼ぎの人間は辞めろとか仕事できないとか罵倒されますか?

ちなみに残業代出ると学費の負担が軽くなって楽です。

 

共通することとして、仕事の評価について、上司のさじ加減で決まることに不安を抱いています。

 

最後の例では実際に残業代をもらっていても、評価が低いということが大きなストレスとなり、実際、自分では何をしていいかわからないという終わり方です。

 

評価基準が透明ではなく、納得できない

上司の評価基準が不明確で納得できないと感じる人も多くいます。

 

特定の人が高評価され、不平等

一つには、実績の上げていな人でも高い評価を得ている場合があり、すべて業績だけで評価していない場合があります。

 

単純に仕事の業績の数字だけであれば、業績の数字がわかれば、自動的に期待できる評価もわかります。

 

特定の人が上司の好みで高評価になっているのではないかということで、評価されなかった人は納得できません。

 

評価している上司が信用できない

そして、ふだんの上司の行動が全員を平等に扱うということはあり得ませんし、やはり部署内で親しくしている部下は評価も良かったりするのが現実です。

 

また、上司が信頼できる人物かということに関しても仕事以外のプライベートのことを詳しく聞いてきたり、土日でも急に呼び出して仕事を依頼することがあれば、あまりいい印象は持てなくなります。

 

自分に向いていない業務で低評価となる

業務の内容が自分にとって得意でないこと、例えば、毎日工夫することもなく、書類の間違いを見つける単純作業に嫌気がさしてきたりします。

 

サラリーマンである以上、決まった時間に、決められた仕事して、その内容を上司に報告して評価してもらうという大枠に変わりません。

 

ただ、生理的にやっていけない、仕事をやっているだけで消耗してしまうという場合は、別の仕事に異動させてもらうのが理想ですが、会社ではなかなか柔軟に対応できないのが現実です。

 

サラリーマンの選択肢の幅はせまい

サラリーマンが選択できる内容には限界があります。

 

選べないことに意識を集中してしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

 

3つの条件にしばられるサラリーマン

会社員では、働く場所、時間、仕事の内容はすべて会社の都合で決められます。

 

給料というのは、その3つの条件に従って働くことを条件に決まった金額が支払われるという仕組みです。

 

給料のベースは会社が提供する商品/サービスという最終のアウトプットを生み出すためのインプット材料としての労働できまります。

 

インプットの労働はアウトプットのために必要ですから、簡単に給料の金額、労働のやり方、稼働する時間などを自由に変更することができません。

 

なので、会社員では、働く場所、時間、仕事の内容は固定されるというのが一般的です。

 

上司と会社はコントロールできない

会社の中の上司とはそのインプットの労働がいかに平常運転されるかということを管理する仕事です。

 

アウトプットを安定させるために、働く場所、時間、仕事の内容をうまく機能させて、滞りなくすることを使命としています。

 

そのため、サラリーマンである労働者が上司、会社をコントロールすることは通常はできません。

 

単純にサラリーマンはアウトプットのための切り売りの時間を提供するだけです。

 

働く場所、時間、仕事の内容が合わないとき

基本的には2つの選択肢から選ぶことにあります。

 

一つは上司に相談して、仕事内容、または仕事の時間を変えてもらうように依頼すること。

 

もう一つは、自分があっていると思える仕事を社外で探すことです。

 

そのためにはまず自分の市場での価値を客観的に知るために人材エージェントに相談することが一番の近道です。

 

インターネット上で転職サイトもいくつかありますが、市場価値を知るためには無料で利用できる人材エージェントの方がオススメです。

 

以下の記事で人材エージェントの利用の仕方を説明していますので参考にしてください。

【サラリーマンの悩み】今の会社/仕事の将来が不安で未経験の仕事にチャレンジしたい今の会社や仕事の将来を不安に感じて未経験の仕事をしたいという悩みを持つサラリーマンは多いですが、自分の年齢、転職回数、資格の有無、学歴などの面で採用の対象になるかということが心配で踏み切れない方も多いです。そのような悩みを持つサラリーマンが具体的にどのようにして未経験の仕事に応募していくかの具体的な方法を解説します。...

まとめ: 【サラリーマンの悩み】取り組んだ仕事実績が評価されない会社員生活に嫌気

仕事のストレスが苦痛

仕事の評価については、評価方法が不透明で納得できないというサラリーマンは多いです。

 

その評価している上司自体を信頼できないという面もあります。

 

ただ、サラリーマンでは、上司、会社をコントロールする選択肢はありません。

 

すぐに転職しない場合でも、現時点での自分の市場価値を知っておくために人材エージェントを利用するのがオススメです。

 

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。