サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】毎日の仕事のプレッシャーがきつくて辞めたい

毎日の仕事のプレッシャー
プレッシャーに悩む人
プレッシャーに悩む人
「仕事のプレッシャーで会社に行きたくない….

仕事のことを思い出して、夜眠れない….

上から指示されることはかなりきつい数字で、必死でやっても達成できない….」

 

kのような悩みに答えていきます。

 

この記事では仕事のプレッシャーで正常に対応することができなくらい混乱して、追い詰められている人に対して、具体的に行動していくための対策をプレッシャーの種類に応じて説明します。

 

ではさっそくみていきましょう。



仕事のプレッシャーの実際のサンプル

Yahoo知恵袋や教えてgooなどには多くの仕事のプレッシャーについて投稿がありますが、以下はその抜粋です。

 

仕事のプレッシャーで余裕がなくなる

仕事のプレッシャーに弱く緊張すると会話する余裕もなくなります。仕事しか見えない感じです。でも体や心は疲れています。達成するまでは落ち着けない強迫観念のような?仕事中は常に気を張っています。なんかの精神的な病気でしょうか?

 

仕事のプレッシャーで不眠

毎日仕事のプレッシャーで夜も眠れず、朝も会社に行くまで憂うつです。会社に着けば何とかなるのですが、休みの日も休み明けの出社までが憂うつです。こういう時の気持ちの切り替え方でうまい方法がありませんか?
転職を夢見ることで現実逃避をしていますが、年齢的なものもあり、それはかないません。よろしくお願いします。

 

仕事のプレッシャーで仕事に行きたくない

仕事行きたくないし職場の人と会うってだけで気分悪くなり仕事のプレッシャーがひどいです。それで仕事休むのはやばいですか?

 

仕事のプレッシャーから逃げ出したい

いつも仕事のプレッシャーを感じて過ごしています。
こういうプレッシャーを感じて過ごす状況が60歳(定年伸びたら65歳)まで続くと考えると嫌になることあります。
貯金4000万ぐらいあるのですがセミリタイアして、のんびりしてももいいと思いますか?

 

共通しているのは通常通りの作業効率が発揮できず、会社から強く言われていることで自分を責めてしまっているということです。

 

仕事のプレッシャーとなる原因

4つの仕事のプレッシャーとなる原因について、個別にみていきます。

 

仕事内容のプレッシャー

接客や営業など仕事内容がもしかして自分に合っていないため、周りと比べてうまくできなかったり、時間がかかったりします。

 

特に誰かから責められるわけでもなく、自分だけがうまくいっていないので、今の仕事が向いていないと感じでしまいがちです。

 

責任ある立場のプレッシャー

部下に対して言いにくいことを伝えたり、個人的な意見よりも管理職としての発言を求められ、上からの指示と下からの圧力の両方がかかり、苦しい思いをします。

 

今まで気軽に話ができていた同僚から立場が上になった場合、今まで通りの話をそのまま継続することができません。

 

長時間労働のプレッシャー

飲食店、ホテル業などのサービス業では、お客さんの都合で特別対応したり、イベントの準備が急に必要になったり、とにかくその都度発生する作業に追われて仕事の時間が延び延びになってしまいます。

 

作業の途中で投げ出すこともできずに、最後までやると、かなりの時間が経過していることになることが多いです。

 

将来の収入不安からくるプレッシャー

今の仕事を続けていても生活がよくなる見通しが立たない、定年までこの仕事を続けることは、ただただガマンしていくことであり、希望が持てなかったりします。

 

それでもやめてしまうと、安定した給料がなくなり、生活のため、仕方なく仕事をやらざるを得ないと感じるものです。

 

4つの仕事のプレッシャーへの対応策

それぞれのプレッシャーについて個別にみていきます。

 

仕事内容のプレッシャー対策

会社で指示されている仕事が自分に向いていなくて、少しやっているだけで消耗してしまうとか、他の人は短時間でできるけど、自分がやると、2倍以上時間がかかるなどで自信をなくしてしまいます。

 

日本の会社の場合、個人の適性に合わせて仕事が割り当てられるというより、会社の機械的な割り当てで決まる仕組みです。

 

大企業ではそれは3年くらいの周期でジョブローテーションということで別の部署に移るというのが前提なので、とりあえず、3年間はガマンするということが一般化しています。

 

では、ジョブローテーションがあまり行われないので、特にクセのあるひとが影響力を持ち続けるということが多いです。

 

中小企業の場合、転職するのが一番の近道でしょう。

 

20代の転職であればこちらから確認できます。

20代の転職ならマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

仕事のスキル経験があり、特定の業界、外資系など希望される場合はこちらから確認してみてください。

無料の転職支援サポートはリクルートエージェントで

仕事の立場からくるプレッシャー対策

同じ部署の上司や同僚には毎日顔を合わせて仕事をしていくことになりますが、サラリーマンの立場を意識すると、仲間外れにされることを恐れて、いいたいことがいえず、ストレスがたまります。

 

ポイントはサラリーマンの立場というポジションとしての発言が会社の中で求められ、個人の立場での発言が難しいという日本の会社特有の文化が影響しています。

 

会議の中で課長の意見に反論できないとか、部署で開かれる飲み会に出たくないけど、でないと悪口を言われるとか、個人の都合での発言がなかなか受け入れられない土壌があります。

 

こちらについては、会社員という立場の本質的な問題となっていて、以下の記事で詳しく紹介しています。

人間関係の断捨離
【サラリーマンの悩み】人生と仕事で失敗しない人間関係の断捨離で必要なたった3つの視点一般的に、人の悩みの9割は人間関係というのを聞いたことがあります。実際、Yahoo知恵袋や教えてGooなどの質問サイトでも上位に占めるのが、人間関係についての悩みです。複雑に見える人間関係を3つの視点で単純化していくことで、個別の問題をクリアできます。そして、複雑な人間関係も単純にすることで克服できます。...

長時間労働のプレッシャー対策

サラリーマンの長い労働時間という職場環境は、業種に依存している可能性が高いです。

 

毎年の給料についての国税庁の統計では、その中で給料が低い業種は、「ホテル業」「飲食業」「サービス業」などとなっています。

 

したがって、「ホテル業」「飲食業」「サービス業」のサラリーマンであれば、給料相場が抑えられ、労働時間が長くなる傾向です。

 

そのような3Kと呼ばれる仕事で抜け出す方法について、以下の記事で詳しく説明していますので、参照してみてください。

収入アップして脱3K
【サラリーマンの悩み】収入アップするため、今の仕事の脱3Kは可能か毎日、仕事が忙しく3Kという職場で働いている人にとって、キツイ、厳しい、給料が安いという職場で苦しいことは特定の業種で起こっています。実際にどのようにして状況を良くしたらいいか、悩む方は数が多いです。この記事では、給料が安い業界の特徴、その理由、そして今の環境を抜け出す手段について解説します。...

収入について将来不安からプレッシャー対策

サラリーマンが将来のお金について心配になるのは、社会情勢が不透明で先行きを見通せないということが影響しています。

 

大企業が大きなリストラを発表したり、トヨタが終身雇用が維持できないと宣言したり、働き方が正社員以外がんどんどん拡大している中で、自分の正社員の立場が将来も維持できるかという不安です。

 

ただ、サラリーマンである以上、勤務時間、働く場所、働く内容については、会社が決めたルールに従って働くという受け身の立場での仕事となります。

 

つまり、自分の将来について、自分が主体的にコントロールして行動しているという実感がありません。

 

常に自分の将来も会社の指示で進んでいく方向が決まっていて、会社の支給する給料という基盤に大きく依存しています。

 

サラリーマンの収入の将来不安については以下の記事で詳しく説明していますので、参照してみてください。

サラリーマン将来の漠然とした不安
【サラリーマンの悩み】社会や自分の将来についての漠然とした不安を解消できないサラリーマン生活で自由に選択できない状況では、会社のルールに従って受け身で仕事することしかできません。将来の不安をなくし、自分の人生をコントロールすることを選択すると、自分主体の人生を始めることができるます。...

まとめ: 【サラリーマンの悩み】毎日の仕事のプレッシャーがきつくて辞めたい

サラリーマンの悩みとしては、人間関係、仕事内容、収入の不安という3つが主な悩みとなります。

 

仕事は生活の中で占める割合は多いので、正常に仕事をできないという状態はなるべく早く解消しないと、生活に支障が出るようになります。

 

現時点で自分ができることを見極めて、今の仕事で正常に戻せないのであれば、転職するというのも1つの解決法です。

 

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。