サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】転職後すぐに転職で失敗するリスクが大きいか

転職後すぐに転職で失敗するリスク
転職後すぐの転職で迷う人
転職後すぐの転職で迷う人
「転職したばかりでまた転職すると不利になりそうで踏み切れない….

転職回数が多いと、書類審査でも厳しいと聞いている….

新しい仕事を始めてみて気づいたことがあり、今の仕事を続けると時間がムダになりそう….」

このような悩みに答えていきます。

 

この記事を読むことで、転職後すぐに転職しようとする場合に迷ってしまう原因、転職を決断するポイント、転職後すぐに転職するときに特有の準備について、具体的な行動のレベルが理解できるようになります。

 

転職したばかりの時には新しい仕事に慣れることに必死となって取り組みますが、自分の将来と照らし合わせて、自分の成長につながるかを深く考えることが大切です。

 

私自身も自分の将来につながらない仕事を続けることにストレスを感じて、転職を決意した経験があります。

 

結論から言いますと、転職後すぐに転職で失敗を避けるには以下2点に気をつける必要があります。

 

•自分が辞めたい理由=転職の目的を明確にすること
転職の目的に合う求人に数多くエントリーすること

 

それではさっそく転職したばかりの退職を迷う事例から見ていきましょう。

 

実際の転職したばかりの退職に迷う事例

転職したばかりで退職を検討しているという悩みについて、Yahoo知恵袋、教えてgooに投稿されていたものの抜粋です。

 

転職先のレベルが高くついていけない

私の前職は物流関係の仕事で大手の下請け会社で働いていました。給料は安いですが、休みも多く人間関係もそんなに悪くなくやりがいもありました。元々転職など考えたことなかったです。

しかし、ある日元請けの人事からまだ若いしもっといろいろ挑戦してみたらと言われて転職活動を始めました。1年ほどかけてようやく決まった就職先がわりと大手の全く別業界の未経験職です。交代制の製造業務です。

運良く入れて待遇もいいのですが、全く仕事のレベルについていけず、日々先輩方には人間性や社会人不適合者と指摘を受けます。全くやりがいも持てず、日々自信をなくしてしまいます。

 

エージェント経由で希望職種以外に転職して後悔

転職後すぐに体調不良での退職でエージェントから何か言われるか心配です。夏にエージェント経由で転職しました。

新卒で営業業務を丸5年経験した末にどうしても仕事内容が合わず、実家に戻り、内勤志望で転職したのですが、転職した先でも経験者だからとまずは営業をもとめられました。
ある一定期間したら内勤にすると言われ、そちらを一度受けてしまったこともあってあと1年くらいはガマンしようと内定受諾の撤回をしませんでした。

しかし、やはり仕事が合わないのか原因不明の腹痛に襲われています。外回りどころか内勤にも支障をきたしています。

 

複数プロジェクトで安定しない仕事

転職してすぐに他の会社からお誘いがありました。
友人からの誘いですが、良さそうな会社だし気持ちがぐらついています。
が、転職してすぐ他社の面接受けると印象悪いのでは?と思い1年くらい今の会社にいたほうがよいのでしょうか?

いまの会社は即戦力で採用されて人間関係悪くないしリモートありで裁量あって給料も夫よりいいです。
が、忙しすぎてプロジェクト6つ掛け持ちして休みが取れないのでは?と心配です。主張すれば割と調整してもらえるほうですが、人が定着しない会社のようです。
理由としては自分の裁量で判断していくので、ひとりで進められない人は辞めていくようです。

対して友人のいる会社は、ほぼリモートのみで時間の融通がきいて受け持つプロジェクトもそんなに多くないそうです。確かに友人は休日も充実してそうです。

 

将来的に事務系仕事につきたい

私は20代後半の男で今年の1月に10年程働いた会社を辞め、転職し、新しい会社で3ヶ月程働き、今現在は試用期間がちょうど終わった所です。

前職・現職共に製造業なので肉体労働の仕事です。
まだわずかな期間しか働いていないのですが、事務系の仕事に転職したいと思っています。
なぜかと言うと、現場作業をしていてけがをする人を何人も見てきたからです。
つい昨日も職場で腕の骨を折ってしまった人がいました。私は元々、体を動かすことが好きなので、現場作業には特に不満はないのですが、上記のようなことがあると定年までやっていけるのか?と不安になるようになりました。
また、若い頃と違って少しづつ体力も落ちてきているので歳をとった時に同じように動けるかと言われたら自信がありません。
家族にも、危ないから現場作業の仕事は辞めてデスクワークの仕事をしてほしいとも言われています。

 

体質が合わない会社への転職に戸惑い

今月頭から新しい会社に就職しました。
今は試用期間でOJT中なのですが、退職を検討しています。

理由としては、職場の雰囲気が体育会系で皆で盛り上がるという意識が強く、自分には合わないと感じることです。
更に、定時は18時なのですが、18時に上がれる日はほぼ皆無で、毎日2時間半〜3時間の残業が発生しており、自宅から1時間近く通勤に時間がかかるため、家に帰っても寝るだけ、、という生活になってしまうためです。
入社前はこのような詳しい話はされず、ギャップが大きく戸惑っております。
また、土日は休みですが、祝日は休みではなく、自分の時間も十分に持てない現在の環境に早くも疑問が生じてしまいました。

このまま続けてもあまり長くは続かないと感じているため、早期の転職を考えています。

 

共通するのは、仕事の内容が合わない、会社の雰囲気が合わないなど、自分の価値観と合わないことが原因で、仕事を続けていくのが難しいと感じていることです。

 

短い期間での退職でのデメリット

短い期間での転職については、自分がどのように転職についてネガティブに評価されることが2つあり、それぞれみていきましょう。

 

諦めが早い人と思われる

新しい仕事を覚えるのには時間がかかります。

 

昔から石の上にも三年という言葉があり、何かを実現するには3年耐える覚悟が必要といわれます。

 

その中で、転職して半年もたたないうちに転職するというと、まだ仕事が見えていないから早いという意見があります。

 

そのため、最低1年はいないと経歴に傷がつくなどと感じて、転職することに躊躇してしまう場合が多いです。

 

転職活動の情報収集の不足

転職のエントリーをしてから実際に入社を決めるまで、複数の面接などもあり、2-3カ月かかるのが普通です。

 

転職活動で、会社のことについては、一般的な評判はインターネットなど確認はできますが、実際に自分が働いてみて感じることについては、入社してみないとわからないものです。

 

特に会社の体質、文化などの面は、実際に働いてみてからしか感じることができない個人的な感覚となります。

 

仕事につくまで収入がなくなる

当然ながら、今の仕事を辞めてしまうと、収入を失います。

 

ただ、収入の条件、働く環境など納得できないまま続けることは大きなストレスとなります。

 

仕事の内容、給料、働く人間関係などのバランスが悪いと給料=ガマン料としてもらい続けることになります。

 

ガマンして仕事を続けるデメリット

今の仕事を続けていくことにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

2点ありますので、個別にみていきます。

 

将来につながらない仕事に身が入らない

新しい仕事は前の仕事よりも自分の将来につながっているということが期待されています。

 

今のやっていることが将来の目標に近づいていると実感できるので、今現在の仕事に力を入れることができます。

 

もし、全く自分の将来に関係ないと感じてしまった場合、今の仕事はただの時間つぶしでできるだけ楽をして終わらせるということになります。

 

自分の望む未来へ少しでも歩み寄っていると思えないと、時間の無駄遣いとなります。

 

スキルアップや成長ができず時間がムダ

今の自分の能力が時間が経過するにつれ、伸びている、成長しているとわかることは仕事をしていく大きなモチベーションとなります。

 

他人が持っている納涼は自分とは違うので、その他人との比較すると、落ち込んだり、嫉妬したり、自分のできないことに意識が向いてしまいます。

 

また、他人から指摘されて自分がレベルが低いと思い知らされるのも、自分がコントロールできないことに意識が向くので時間のムダとなります。

 

転職後すぐの転職で気をつける点

転職後すぐの転職には特有の準備があり、そのためには転職エージェントの活用が便利です。

 

短期間転職特有の準備

短期間での転職の時には、転職する目的を明確にして、それを実現するというイメージを持つ必要があります。

 

そのために、やめたいと思う理由を深堀する必要があります。

 

具体的には、会社の雰囲気が体育会系で会わないことが原因なのか、長時間労働となってしまう環境が問題なのか、どうしてもそれを避けたいのはどうしてなのかを紙に書き出してリスト化します。

 

そして、今回の転職で自分が望むことを一言で説明できるようにしておきます。

その意識を持っていると、情報収集の際に具体的に聞きたいこと、その条件を実現するためにどのような働き方をしたいかを自分で具体的にイメージでき、会社の判断の感覚が研ぎ澄まされます。

 

また、その望む条件についての求人についてはできるだけの数を当たるように情報収集する必要があります。

 

転職エージェントの活用でチャンス拡大

最新の求人情報、インターネットで公開されていな情報について、転職エージェントが想像以上に情報を持っています。

 

転職エージェントも情報に偏りがあるため、複数登録するほうが、担当者のレベルを知っておくためにも大切です。

 

幅広い業界の未経験の職種を探すには

仕事のスキル経験があり、特定の業界、外資系など希望される場合はこちらから確認してみてください。

 

無料の転職支援サポートはリクルートエージェント

 

20代専門の転職を探すには

20代の転職であればこちらから確認できます。

 

20代の転職ならマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

外資系への就職を専門に扱う転職には

インターネットなどでは公開されない情報も多くなっています。

 

外資系企業への転職はJAC Recruitment

 

まとめ 【サラリーマンの悩み】転職後すぐに転職で失敗するリスクが大きいか

転職後すぐに転職では、転職回数などが問題なることもありますが、長期的な視点から自分の将来につながると感じることがあれば、転職するほうが後悔がありません。

 

転職後すぐに転職では、転職の目的をより明確にして、その条件を満たす求人に数多くエントリーするのがおすすめです。

 

その際には、最新の求人情報を持っている複数のプロの転職エージェントの登録で可能性を広げましょう。

 

以上になります。

将来性ない仕事からスキルアップ転職
【サラリーマンの悩み】今の仕事を続けても将来がなく、スキルアップの転職がしたいこの記事を読むことで、今の仕事をこのまま続けることが自分の将来につながらないことで、時間をムダにしてしまう前になんとか行動したいと考えている人がどのように行動するか理解できます。一般に転職は年齢が上がるほど、難しくなる傾向があるので、時間をムダにしたくない気持ちで焦るものです。実際に行動を始めると必要な情報が集まり、相談できる人もいると大きな安心材料となります。...
ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。