サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】英語ができない自分でも外資系企業へ転職したい

英語ができない外資系企業への転職
外資系企業へ転職希望の人
外資系企業へ転職希望の人
「外資系企業へ転職希望しているけど、英語の実力が足りないと、あきらめるしかないのだろうか….

実力主義といわれる外資系企業では学歴で書類選考でも厳しい印象が….

英語スキルなしの今の自分が外資系企業で採用の可能性があるのか….」

 

このような悩みに答えていきます。

 

この記事を読むことで、以下のことがわかります。

•外資系企業で英語ができない人でも採用の可能性があるか
•外資系企業への転職活動に必要な準備

 

ではさっそくみていきましょう。

 

英語を使う以外で外資系企業に転職したい理由

外資系企業といえば、英語を使うことが一番の特徴と思われがちですが、実際の転職希望者は英語以外の理由をもって転職することも多くなっています。

 

3つの理由がありますので、個別にみていきます。

 

今の年収をアップしたい

日系の会社ではまだまた年功序列の制度が守られていて、年齢の若いうちは、どんなに頑張っても、給料を上げていくことは難しい状況です。

 

自分より会社に貢献していない人が、年齢が上というだけで、給料が多くなっています。

 

年功序列の中でやる気を発揮できないため、実力が正当に評価される環境で収入を上げたいというのもよくわかります。

 

自分の実力を発揮できる環境で働きたい

仕事の種類が毎日同じことの繰り返しで、自分の成長を実感できないという人もいます。

 

自分の持っている能力を伸ばせる環境で、働きたいという要望もかなり多く、自分の将来のために頑張りたいという前向きの転職は評価できます。

 

仕事/プライベートの切り替えをはっきりしたい

日系の会社では仕事が終わっていても、帰りづらいため残っていたという経験の人が数多くいます。

 

通常定時に帰宅するのが普通である外資系では、仕事/プライベートの切り替えることができ、ガマンして残るというストレスがなくなります。

 

外資系企業で英語の必要性についての疑問の例

Yahoo知恵袋や教えてgooなどのサイトには外資系企業の英語のレベルについての悩みが数多く投稿されていて、以下がその抜粋です。

 

外資系企業で英語のレベルが足りるか心配

外資系は当然英語が必要ですよね?先月TOEICを受験したところリスニング420、リーディング320の合計740点でした。業務の使用経験ありません。会社にも依ると思いますが、これくらいのレベルで一般的に外資系で人材コンサルトの仕事なんてしていけるものなのでしょうか。

元々営業をしていたのでもちろんそちらが本来重要な素質なのでしょうけど、TOEIC700半ばくらいの英語力では社内のコミュニケーションの部分などで不利になるんじゃ無いかという心配もあります。スピーキングに関しては簡単な日常会話はできますが、フォーマルな言い回しとか、議論をしたりなどは全然経験が無いので、外資系のビジネスで使う程の英語力と思えません。

 

外資系企業で実務経験と学歴の重要性

外資系IT企業の多くは大卒以上でない場合書類選考で落とすのでしょうか?
私は社会人3年目の高卒アプリケーションエンジニアです。
私の夢は外資系IT企業で高給取りになることです。
最終的に生涯賃金が多くなればいいと思っているのですが、この夢を達成するためには、

1.通信制の4年制大学に通う
2.今まで通りキャリア形成のための努力を続ける

みたいな選択肢があると思ったのですがどちらが良いと思われますか?

 

外資系企業のフレンドリーさ

最近、外資系企業に転職しました。
みんな自由で、言いたいことがズバズバ言える環境です。上司は外国人です。

新卒時代から、日系企業で転々としてきましたが、暗黙のルールやら堅苦しい印象があります。パワハラやセクハラ等もありました。

外資系企業って、みんなこんな感じなのでしょうか?同じ日本人でも、みんな外国人みたいにフレンドリーです。

 

外資系企業での英語を使う場面

英語ができないけど外資系の企業で働きたい場合、どうしたらいいでしょうか。諦めるべきでしょうか?
外資系の企業に 入社するのって どれくらい大変なんですか?
あと 外資系の企業だとどのような場面で英語を使うことができるんですか?
また、転勤とかってあるんですか?

 

やはり、共通するのはどのような仕事の場面で実際にどのように英語を使っていくかを気にしている人が多いですね。

 

外資系企業は多種多様

外資系企業というのはひとくくりこれだというものはないので、個別の企業ごとの求人情報を集める必要があります。

 

外資系は企業ごとに固有の存在

欧州系、アメリカ系、アジア/オセアニア系など拠点の位置やグローバル展開の具合により、文化や習慣が大きく違います。

 

また業種によっても、オイルガスなどの資源系、消費財メーカー、通信/ソフトウェアなどによっても商品のリリースサイクル、ターゲット顧客の種類など大きく違います。

 

一般的に外資系企業としてひとくくりでは、分類することができません。

 

また日本ではなじみのない商品/サービスも数多くそろえる企業もあるので、外資系企業は日本人の想像できない事業領域も多くなっています。

 

外資系企業を得意とする人材エージェントの助けが必要な理由

転職活動の際に、なじみのない事業について、個人レベルでの情報収集することは実質的に不可能です。

 

人材エージェントであれば、日々更新される求人情報から、業界に適した可能性のある候補者選びがプロの視点で時間短縮が可能になります。

 

この求人情報集め、業界特有のの文化の理解などは実際に面識のある転職エージェントがインターネットにある情報より正確かつ適切に提供できる頼もしい存在です。

 

外資系企業転職エージェントの得意分野

いずれもオススメできる転職エージェントですが、それぞれの強い分野が異なっています。

 

それぞれ個別にみていきましょう。

 

未経験/スキルなしから外資系へキャリアアップ【doda】

客観的なスキル、特性の判断でスキル不足の場合でも応募可能な求人を数多く紹介できます。

 

未経験であっても、仕事への取組みの姿勢、今までの実績を上げてきた経験を評価してもらえる会社でのキャリアアップが可能です。

 

未経験/スキルなしの場合は↓こちらから

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

グローバルな専門職/管理職の転職に特化【JAC Recruitment】

これまでの経験で積み上げた専門スキル、管理スキルを活かして、より待遇の良い求人情報をそろえています。

 

グローバルな専門職/管理職の転職は↓こちらから

海外で通用するキャリアが欲しい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

 

スピード重視の大手外資系企業への転職といえば【リクルートエージェント】

長年の実績から求人情報、多くの業種別コンサルタントをそろえて、膨大な求人情報から最新のものをお届けできます。

 

スピード重視の大手外資系企業への転職は↓こちらから

無料の転職支援サポートはリクルートエージェント

 

それぞれのエージェントには得意分野がありますが、独自案件を抱えることも最近は多くなっていますので、複数登録して、同時並行して活動を進めるのが賢明です。

 

まとめ: 【サラリーマンの悩み】英語ができない自分でも外資系企業へ転職したい

外資系企業といえば、英語のレベルが高くないと難しいというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

 

英語ができない人であっても、採用される可能性はありますが、英文の履歴書は必要です。

 

外資系企業というのはひとくくりこれだというものはないので、個別の企業ごとの求人情報を集める必要があり、その際は転職エージェントのサポートが役立ちます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

転職についての一般的な不安や悩みについてはこちらで紹介しています。

転職の迷いと不安
【サラリーマンの悩み】転職の迷いと不安: 転職に向かない人の失敗を避けるにはこの記事では、今の仕事を辞めて転職すべきかを迷っていて、転職の失敗は避けたいという人に向けて、すべての人が転職に向くわけではなく、向かない人がいることを説明します。転職に向かない人の考え方や行動は独特の特徴があり、自分のことが客観的に認識していないことが多いです。特に初めての転職であれば気づきにくいことでもあり、避けるべき行動をわかりやすく説明します。...

 

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。