サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】転職で失敗しないために、成功者がやっている行動とは

転職で失敗しない行動
転職活動に悩む人
転職活動に悩む人
「何度か転職をしてきたが、結局、状況が悪くなることが多い….

新しい仕事に慣れるのにも苦労する….」

 

このような悩みにこたえていきます。

 

この記事の信頼性: 私自身は複数企業でソフトウェアのプロジェクトのメンバーをインタービューして選んでいくことで10年以上の経験があります。

 

この記事を読むことで、典型的な転職の失敗パターン、それへの対応策、便利な典型的なサービスについて理解でき、すぐに転職の成功に向けた行動がとれるようになります。

 

ではさっそくみていきましょう。

 

典型的な失敗する転職の例

ここでは失敗する転職の3つのパターンを紹介します。

 

今の状況から逃げ出すことが目的での転職

多くの人の転職理由が今の仕事の状況から逃げたいというのがそもそものきっかけとなっていることがほとんどです。

 

例えば、通勤時間が長い、上司との人間関係がうまくいっていない、仕事が忙しくて休めないなど、今の会社の環境から別の環境に行きたいというのもよくわかります。

 

ただ、実際にその環境から出てどの方向に行くのか、結局は何をしたいのかという転職の目的がはっきりしていない場合、次の会社でも同じことが起こりがちです。

 

そのようなことを避けるために一番大切な転職の目的を明確にしましょう。

 

情報収集の不足した転職

新しい仕事のことが不明なまま転職してしまうと、その業界で常識になっていることに戸惑い苦労することがあります。

 

例えば、病院の医者向けに影響する仕事の場合、土日でゴルフすることが頻繁にあったりすることもあります。

 

少なくとも自分がこれからかかわる仕事について、業界はどのような活動をしているかについても頭に入れておき、後悔しないようにしましょう。

 

具体的な対策方法が不明の転職

自分の現在のスキルでの市場価値を認識するというのは意外に難しいものです。

 

業種平均でどのくらいの給与水準なのかは同業他社に友人がいない場合には情報が入ってきません。

 

また、同じ業界ではないが、少しズレた業界では待遇がよくなったりする場合もあります。

 

今の自分のスキルでどのようにアピールすれば、受け入れられやすいかということもなるべく知っていいたほうが有利です。

 

このような情報は通常であれば、転職活動している会社から得られるものではなく、長くその業界を知っている専門家に情報が集まっています。

 

こちらについては転職サービスの中で再度説明します。

 

うまくいく転職には入念な準備が必要

転職がうまくいった人は例外なく、転職の準備をしています。

 

ここでは2つについてみていきます。

 

自分のスキルや強みを明確に伝える

自分のことが客観的にみることができないと、強みを効果的に伝えることができません。

 

自分で当たり前にできていることが実は、業界によっては高く評価されることがあります。

 

なるべく対象の会社の仕事に合わせて、何をアピールするかを対策しましょう。

 

対象の仕事について、必要な情報収集

仕事をする環境は業界によって大きく違います。

 

新しい仕事が実際に自分に合いそうなのか、特別な習慣など気を付けるべきことはないのかなど、事前にわかることは調べておきましょう。

 

転職に便利なサービスを利用してみる

自分のことを客観的に知るということと特定の業界の最新情報の収集の2つについては、転職サービスが便利です。

 

客観的な市場価値の判断

自分の現在のスキルの市場価値を知らないと、どこを目指して転職するかは明確になってこないことがあります。

 

正しい自分の価値を知ってそれを生かせる仕事が理想的です。

 

何人もの人と面談をしてきたプロであれば短時間で判断できます。

 

相手先の業務内容、市場の情報収集

また、転職のプロは特定の業界に詳しいので、最新の企業の求人情報、その難易度など通常のインターネットの転職サイトでは得られない情報が手に入ります。

 

しかも費用は掛かりません。

 

面接でアピールすべきポイント

最初でふれたように通常、転職の理由はネガティブな気持から始まっていることが多いです。

 

そのネガティブな感情をそのまま、面接で伝えてもいい評価は得られません。

 

以下のように面接でアピールするポイントを転職のプロに確認して、改善していきましょう。

 

・成果を出しても収入がよくならない

・年功序列ではなく実力評価の会社で一生懸命に働きたい

・自分がやっている仕事が誰かの役に立っているのか実感がない

・顧客と正面から向き合い、お客様目線での仕事がしたい

 

転職エージェントは転職を成功するための強力なサポートをしてくれます。

 

20代の転職であればこちらから確認できます。

20代の転職ならマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

仕事のスキル経験があり、特定の業界、外資系など希望される場合はこちらから確認してみてください。

無料の転職支援サポートはリクルートエージェントで

 

まとめ: 【サラリーマンの悩み】転職で失敗しないために、成功者がやっている行動とは

転職の目的がはっきりしていない場合、転職しても希望の状況にならないということが多いです。

 

転職で成功している人は、入念に準備をして、自分の価値を知り、相手の会社のこともよく調べています。

 

転職サービスは、プロの視点からスキルの価値、業界の最新情報、アピールするポイントなどインターネットでは手に入らない情報が提供されます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。