サラリーマンスキルアップ

【サラリーマンの悩み】仕事上の苦手な人との人間関係をスッキリとするには

苦手な人との人間関係をスッキリ
人間関係のストレスに悩む人
人間関係のストレスに悩む人
「仕事をしていると、苦手な人がいてストレスになる….

集団での行動が読めず、グループで自分が浮いている立場になりたくない….

自分の空気の読めない行動で仲間外れにされたくない….」

 

このような悩みにこたえていきます。

 

この記事を読むことで人間関係の3つのストレス要因、そのストレスを避けるための行動が理解でき、ストレスとなる人間関係をスッキリとさせるための行動がとれるようになりますので、最後まで読んでいたけるとうれしいです。

 

それではさっそくみていきましょう。



登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

 

仕事の人間関係の3つのストレス要因


以下の3つが主な人兼関係のストレス要因です。

•グループから孤立したくないという思い
•自分の期待が相手の期待と違う
•その場の空気を読む力が試される

 

個別にみていきましょう。

 

仕事のグループから孤立したくないという思い

会社員の生活で、なんとなく合わない、一緒にいるとイライラすると感じる人物が周りにいて何とかしたいと思う人は多いです。

 

どんな会社で働くことになっても、「苦手な人」「嫌いな人」との付き合いはやめれるものならやめたいですが、仕事である以上、そうもいってられません。

 

プライベートな付き合いであれば、接触を避けたり、合わないようにすることは可能ですが、会社内では避けることはできません。

 

とはいえ、そんな人たちとトラブルを起こすのは嫌だし、かといって彼らに気を使いすぎてこちらが一方的にストレスを抱えることになるのも問題です。

 

通常、無人島に一人で暮らす環境でもない限り、他人とのかかわりなしで生きていくわけもいきません。

 

仕事での自分の期待が相手の期待と違う

よく考えてみると、相手に対して、自分の思いと同じように動いてほしいという過剰な期待があり、それが相手をコントロールできていないことが大きなストレスとなっています。

 

私の経験でも小学校の時に、髪の毛が少し茶色くパーマが買った友達がいて、’外人’と呼ばれて仲間外れにされていた時に、いじめられる側に味方につくことを避けて、黙って傍観していました。

 

通常、グループで期待されることと本当に自分が望むことは異なります。

 

その時に、無条件でグループのルールに従っていると、自分の持っていきたいが価値のないものと思うようになります。

 

少なくともグループの中で自分の期待することは異なっているということは伝えて、違いがあるということを発言する方が長期的には楽です。

 

ずっと自分の考えて押し殺していると、コントロールできなくなった時点で爆発するくらいストレスが蓄積していくことになります。

 

会社ではその場の空気を読む力が試される

また私の個人的な体験ですが、社会人になっても、みんなが集まって休憩しているときの話があります。

 

休憩でみんなが缶コーヒーを飲んでいてるときには、自分がコーヒーが嫌いでもみんなと同じようにコーヒーを飲んでたりして、自分が浮いているということを極端に恐れていました。

 

グループの中で一人だけ仲間外れになってしまうことが怖かったことを覚えています。

 

仕事の結果が他人評価されるストレス

自分の仕事の評価は通常は上司によって決められますが、命令に従って受け身で仕事をしていると、やる気は出てきません。

 

単純に上司の基準を満たすだけの操り人形であると感じている場合には、主体的に仕事ができていないと感じてストレスとなります。

 

自分の期待値と他人の期待のギャップ

先ほどの3つのストレス要因はすべて自分の仕事の結果の価値を決めるのが他人の評価ということに依存していることに集約されてます。

 

つまり、自分と同じように考えて行動してほしいという期待、自分がグループの一員であると認めてほしいという期待、のように他人の価値観に合わせていくことにストレスを感じています。

 

日本人は特に言葉を交わさず、あうんの呼吸で、理解するという習慣もあり、言葉にすること自体がはばかられてしまいます。

 

会社では、業務上必要な手順やルールについてはもちろん従う必要がありますが、言葉にされていないあいまいな空気を推測しながら取り組むのは、行き先の決まっていない中で意味もなく歩き続けるように希望を持つことは不可能です。

 

メッセージ/ルールが明確になっていない影響

コロナ対策の東京都の取り組みで3密というのがありましたが、密閉、密集、密接をさけるというガイドラインでしたが、具体的に数字で何が密閉に当たるかの定義をしないまま、発表し、混乱が生じました。

 

アメリカの場合は、それぞれの基準について明確な数字として、例えば、10人までの集合は認められるなど、結果評価を前提として基準だったので、企業、個人にも正確に伝わりました。

 

会社の中にあるルール、手順は明確に文書に残して共有していくことで、空気を読んでストレスをかかえることを避けることができます。

 

社会の価値観/正義の数は人の数だけ

古代から世界各地で宗教の争いは絶えませんが、自分の立場から正しさを主張すれば、争いが起こってしまいます。

 

それぞれの立場の中に個別の正義があり、敵の立場を認めることができなくなるからです。

 

自分の正しさを主張することだけでは争いが生じる

会社でも同じように、働いている人の数だけその人の価値観があります。

 

それぞれ持っている価値観を主張してぶつけると、収集がつかなくなります。

 

以前、私の会社で会社でタバコを吸う人が何人かいて、休憩を何回もとってさぼっているように見えることがタバコを吸わない人から不満がありました。

 

タバコを吸う人がその権利を主張してしまうと、吸わない人にとって、仕事を中断して生産性が落ちているというという意見と対立し、どこまで行っても平行線で終わります。

 

そのことに対して会社で全体の生産性を含めた明確な基準を作り、両方の共通の明確なルールに従ってもらう必要があるでしょう。

 

違う価値観が共存する前提のルールが必要

結局、私の会社の場合は、社内はすべて禁煙となり、必要な屋外に出てタバコ休憩することになりました。

 

最近の会社の例だとタバコを吸う人は採用しないという会社の生産性が40%上がったという事例があると聞いています。

 

拳固化したルールで運用していくことで、個別グループでの暗黙のルールというのを避けることで従業員が納得する基準を持ち、必要であれば、見直していくことで社内の生産性が改善されていくでしょう。

 

それぞれ異なる立場は認めたうえで、どのように共存していくかを感がることで双方にとっての認めることができる妥協点を探っていくことが大切です。

 

そのルールも誰もが納得できる数値で規定されたものでないと、意味のないあいまいなルールとして守られなくなることに注意が必要です。

 

まとめ: 【サラリーマンの悩み】仕事上の苦手な人との人間関係をスッキリさせるには

苦手な人という感情は、他人への過剰な期待でそれを自分でコントロールできないというストレスから来ています。

 

そういった人たちからは物理的に距離をとり、仕事上の最低限の挨拶だけでかかわりを減らすようにすれば、ある程度避けられます。

 

また、会社の中で仕事の取り組みについて、明文化されていないものがあれば、それを数字を持つ基準で明文化していくことで意見の異なる人の対立を避けることができます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

30歳を前に仕事で何も達成できない自分
【サラリーマンの悩み】30歳を前に仕事で何も達成できない自分への焦り このような悩みにこたえていきます。 この記事を読むことで以下のことが理解でき、自分の未来のために行動を始めることが...
ABOUT ME
べんきち
東南アジア在住。外資系、国内企業のサラリーマン生活を経験して学んだ仕事への取り組み、働き方、時代の変化への対応などについて、記事を更新します。将来の経済的自由を目指して、人生100年時代を生き抜く知恵を磨いていく過程も発信していきます。